お得な情報

【冬の大敵、乾燥肌が改善!】保湿剤は「ワセリン」が解決。最もオススメしたい。

冬に乾燥肌で悩んでいる方は多いでしょう。肌が乾燥しているとかゆくなるし、ひどいと皮膚にひび割れが起こったりと散々なことになります。

にゃんこくん
にゃんこくん
冬になると乾燥肌が辛いなー
物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
ワセリンを使えばいいんじゃない?

今回紹介するのは「ワセリン」です。
ワセリンを使えば

・簡単に
・安く
・保湿可能
・かゆみ改善
・あかぎれ予防

などいいことずくめです。
乾燥肌を防ぐというのが最大の目的ですが、これをするだけで多くのメリットが得られますね。乾燥肌の人はもちろん、そこまでひどくはないけど保湿はきちんとしたいという人にもオススメできます。

今回扱うワセリンはこちら!!

大洋製薬 ワセリン(100g)

楽天で購入

 

 

冬は乾燥が悩ましい

冬になると乾燥肌に悩まされている人は多いのではないでしょうか。かくいう私も子供のときからですが乾燥肌がひどくていつも悩まされてきました。肌が乾燥して荒れているとかゆくなりますし、ささくれが出来たりひび割れが起こって日々の生活に支障が出ることすらあります。

言い過ぎではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、乾燥肌がひどいと本当に辛いのです。乾燥が原因でできたひび割れなどはとても痛くて堪らない・・・。そのため防止策を講ずる必要が出てきます。当然クリームやローションなどの塗り薬がメインになってきますが、いいものはあるでしょうか?

にゃんこくん
にゃんこくん
ひび割れは本当に痛くて辛いなー

保湿剤は色々なものが発売されているがどれがいいのかよくわからない

自分自身がそうだったのでよく分かるのですが、今の世の中いわゆる「保湿剤」は溢れかえっています。しかも同じ製品でも液体タイプやクリームタイプなどもあってどれを選んだらよいか分からないと感じませんか?私もこれまで様々な製品を試してきましたが、しっかり効くと実感できたものはなかなかありませんでした。塗った当初は良くてもそれが持続することが難しいといつも思ってました。そして最終的に最も効果があった塗り薬に出会うことができて、以来冬が来てもひどい乾燥肌に悩むことはなくなりました。

冒頭でもご紹介しましたが、それは「ワセリン」です。遥か昔から塗り薬として存在するものですが、これが私の出会った最強の対肌乾燥用の最終兵器でした。

ワセリンの最も効果的な使い方

最もオススメの使い方はやはり風呂上りに塗ることです。ワセリンは皮膚からの水分の蒸発を防いでくれるので、風呂上がりの最も肌に水気がある状態のときに塗るのが効果が高いのはお分かりいただけるかと思います。そしてここからが最大のポイントです。おそらくこれまでワセリンを使用した方もいると思いますが、塗るのをやめてしまった方もそれなりにいるのではないでしょうか?この最大の原因は「ベタつき」だと思います。

ワセリンは油なので当然塗ったあとはベタつきます。これが不快に感じられる方は多いでしょう。そしてこの「ベタつき」の解消法は、乾燥したタオルなどで拭き取ることです。拭き取ったらせっかく塗ったワセリンがとれるのではないかと思われるかもしれませんが、ベタつきを生み出す余分な量がとれるだけで保湿に対しては問題ありません

例えるなら、「ワックス掛け」です。ワックスは床を綺麗に掃除したあとにつけて、その後乾燥したタオルで拭き取りますよね?これと全く同様のことをしているわけです。

風呂上がりにワセリンを塗る→乾燥したタオルで拭き取る

これだけで十分な保湿効果が得られます。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
ワセリンを塗って拭き取るだけでok

【実体験】ワセリンで解決したまさかの肌トラブルとは!?

この実体験とはまさしく自分のことですが、ズバリ言うと「髭剃り負け」。

もともと肌が弱いのですが、髭剃りをするとすぐに肌が真っ赤になって痛痒くなるんですよね。髭剃りを肌に優しいタイプにしたり、髭剃りをする前につけるシェービングクリームを変えたり色々試しましたがそこまで改善が見られませんでした。

が、あるとき思いついて髭剃りする前にワセリンを塗ってから髭剃りをすると全く髭剃り負けがしなかったのです!以来、シェービングクリームの類は一切使わずにワセリンを塗ってから髭剃りをするようになりました。髭剃り負けに全く悩むことがなくなったので同じ悩みを抱えている人にはオススメです。また上の項目で出た話と被りますが、ワセリンを塗って髭剃りをした後は乾燥したタオルでしっかりと拭き取りますので、テカテカするようなこともありませんのでご安心を。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
髭剃り負けしやすい人にはオススメの方法

持ち運びも簡単なので旅行などでも必須のアイテム

ワセリンをしっかり塗っていても段々とれてきて乾燥してきますので、持ち運びがしやすいというのも保湿剤に求められることかと思います。この点もワセリンは軟膏タイプですので、持ち運びは簡単です。液体タイプだと飛行機の持ち込みの時など気を使いますよね。私は小分けの容器を用意していて常に使えるようにして持ち歩いています(取り分けるのも簡単!)。旅行などでも欠かせない必須アイテムになっています。

(持ち運び用のmyワセリン)

ワセリンを勧めているが最近自分が愛用しているのはプロペト

ワセリンを勧めておいて違うのを使っているのかよ!とツッコミが入りそうですが・・・。確かに名前は違うのですが、実はコレ同じものなんですよね。

白色ワセリンをさらに精製して不純物を極力カットしたのがプロペトになります。一言でいうと「ピュアワセリン」といったところです。特徴としてはワセリンと比較してベタつきが少なくてノビがいい

ノビは局所的に使う時はあまり気になりませんが、比較的広範囲にわたって塗るようなときはノビがいい方が塗りやすい。効能的には当然同じになるので、塗りやすさ。使いやすさから最近はこちらを使用しているというわけです。その代わり値段は上がってくるんですが、まあそこはどちらを選ぶかというところです。使い方や得られる効能は同じなのでノビがいい方が塗りやすいと感じられる方はプロペトの方をオススメします。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
ノビを求めるならプロペト

コストパフォーマンスも良く、多くの人に使えるのでオススメしている

ワセリンは昔からあるありふれた塗り薬ですので、価格も安いです。全身に塗る必要がある人などは多くの量が必要になってくるので、値段が高いと効果が高かったとしてもなかなか使うのが難しくなってしまいます。その点ワセリンは非常に安価ですので、そこまで気にせずに多くの量を使うことができます。またワセリンは油ですので、子供でも使うことができます。

冬の乾燥対策として家族みんなで共有して使うことも出来ますね。我が家ではみなで使っていることもあり購入するのは500gという大サイズです。まるでハチミツ瓶のような大きさですが、これでも普通に消費していて1年に2-3回購入しています。どれだけ使いやすいかということはわかっていただけるかなと思います。初めて購入しようとしている方はさすがに500gからは止めておき、100gからで十分だと思いますw

 

500gはなかなかの存在感、しかしワセリンヘビーユーザーならこの大きさでも普通に消費してしまいます。

まとめ

乾燥肌対策のオススメの塗り薬は、ワセリン・プロペト!

これを使えば簡単に・安く・保湿効果が得られる!

チューブタイプもあるので、局所的に使用するような方には便利かもしれません。

 

絶対オススメの電子書籍サイト
電子書籍買ってみようかなーどうしよう
電子書籍は絶対オススメだよ。今ならセール中だし、すぐに始めよう!!

電子書籍があればスマホ一つでどこでも気軽に本を読むことができます。
電子書籍は安く買うことができる機会が多いのでとてもお得に集めることもできます。

特にマンガやラノベ好きの方に向けてオススメの電子書籍サイト3つを徹底比較しました。現在実施中のセールがあるので今すぐに始めてみましょう!!

\今すぐに読んでみる/

おすすめの電子書籍サイト3選はこちら