電子書籍

DMM電子書籍のアプリ「DMMブックス」の良い点・悪い点を正直にレビューした

DMMブックス レビュー

電子書籍を読むためには専用のビューアが必要になります。
電子書籍サイト自体のレビューはネットをみればたくさん転がっていますが、専用ビューアに対するこまかいレビューはあまり見かけません。

ただビューアは電子書籍を実際に読むときに必ず必要になるものなのでその使い心地がどうなのかは気になるところですよね。

そこでDMM電子書籍のヘビーユーザーである私が実際にDMM電子書籍の専用ビューアであるDMMブックスの使い心地を良い点も悪い点も含めて細かくレビューしたいと思います

結論を先にいうと、DMMブックスの使い心地は全く問題ありません。多少気になる点はありますが、実用には問題ないでしょう。

DMM電子書籍で本を買うべきか悩んでいる人は安心して購入して、DMMブックスでサクサク読んでいきましょう。

にゃんこくん
にゃんこくん
DMM電子書籍気になってるけどアプリの使い心地はどうなのかな
物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
DMMブックスのレビュー詳しく書いたよ

公式サイトですぐにアクセスする >>250,000冊以上の取り揃え!【DMM.com 電子書籍】

\初回利用なら半額クーポンがつかえる/
【DMM.com 電子書籍】

DMM電子書籍のアプリ「DMMブックス」について

DMM電子書籍を快適に読むためのアプリが「DMMブックス」です。

もちろんDMM電子書籍専用のビューアとなりますのでその他のKindleやら他のサイトの電子書籍は読むことはできません。あくまでDMM電子書籍で購入した本を読むための専用アプリです。

DMMブックスはiPhoneの場合はAppストアでダウンロードできます。Androidの場合はGoogle Playストアでダウンロードできます。

あとで紹介しますが、DMMブックスの上位版といえる「DMMブックス+」というアプリも存在しています。

ただしこのDMMブックス+はAndroid限定のアプリでGooglePlayからはダウンロードできません。DMM電子書籍サイトにアクセスし、そこからダウンロードして使えるようになります。

機能的にはDMMブックス+の方が優れていますが、このように限定的なアプリになるのでDMMブックスを使っている方が多数だと思います。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
AndroidならDMMブックス+でいいね

DMM電子書籍はブラウザでも読める

DMM電子書籍の特徴として、購入した本はDMMサイト上でブラウザでも読むことができるし、DMMブックスというアプリでも読むことができます。

もちろんどちらからでもいいのですが、利便性を考えるとアプリからの方がおすすめ
ブラウザから読むのはややもっさりします。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
アプリから読む方がおすすめ

ブラウザでの読み方

DMM電子書籍で購入済みの本は一覧ページにて確認できます。
一覧ページに行くと下の画像のように表示されていますので、ブラウザで読みたい場合は

「ブラウザで読む」をクリック

DMM電子書籍 ブラウザDMM電子書籍はブラウザでも読むことができる

ブラウザでのビューア機能

実際にブラウザで電子書籍を読むときにどうなっているのか確認してみましょう。画像はからかい上手の高木さん13巻から。これは特に意味はありません。

ブラウザでのビュアー機能左上にある歯車マークが設定ボタンになります。ここを押すと見開き表示/ページ移動アニメーション/ページ移動方向の設定ができます。

左上のしおりマークを押すとしおりを挟むことができます。編集でしおりをはずしたりメモしたりすることができます。

左上のノートマークは目次です。ここをクリックすると表紙/目次/奥付で選択でき、ページ移動することができます。

ブラウザでのビューア機能は以上になります。
アプリと比べると機能は限定的です。読み心地はアプリの方が圧倒的にいいと思います。

あえてブラウザのメリットをいうと、DMMブックスではストアと直接つながっていないので直接本をアプリ上から買うことができませんがブラウザでは可能という点です。
ブラウザであればそのまま購入という行動を起こすことができます。

にゃんこくん
にゃんこくん
アプリからストアに直接飛べないのは残念。Android使いならDMMブックス+を入れたら解決だね

DMMブックスでのビューア機能

実際にDMMブックスで電子書籍を読むときにどのような機能があるか確認してみましょう。画像はからかい上手の高木さん13巻から。特に意味はありません。

DMMブックスのビュアー機能DMMブックスでマンガを開いたときの画像

右下から歯車マークが設定。電球マークが明るさ調整。しおりと目次マークは見たまんまですね。▶マークは自動再生。

自動再生機能

をクリックすると設定した再生時間にそって自動でページめくりをしてくれます。設定時間は2秒から60秒まで自由に選べます。

ビューア設定

ブラウザで読む場合より細かい設定ができるのがわかります。基本的にはデフォルトのままで問題ないでしょう。

画面の明るさ調整

電球マークをクリックして調整できます。

地味に明るさ調整は使う機能ですね。周りの環境に合わせて読みやすい明るさに設定しましょう。

しおり

しおりマークをクリックしてしおりをつけられます。

しおりもよく使う機能の一つでしょう。カンタンにつけられます。はずすときも同じしおりボタンをクリックして編集から削除することができます。編集からしおりにメモをつけることも可能です。もちろん何か所でもしおりははさめます。

目次

表紙/目次/奧付に一気に移動することができます。シークバーを動かして飛ぶこともできますが、目次に飛ぶことができるのは重宝します。

DMMブックスの使い心地をレビューする

DMM電子書籍は私がメインで使用している電子書籍サイトの一つ。

大型キャンペーンをよく行っているサイトなので、新刊も含めてお得に買い集めることができます。作品も豊富に取り扱いがありますのでおすすめのサイトです。

ただ実際に電子書籍を読む際のアプリの使い勝手が悪ければ、いくら安く買えても仕方がないですよね。

結論からいうと、DMM電子書籍のアプリであるDMMブックスの使い心地は良好です。

DMMブックスは毎日のように起動してマンガやラノベを読んでいるので、その経験から良い点、悪い点も含めてレビューしたいと思います。

なるべく役に立つように細かい点をふくめて書きます。

にゃんこくん
にゃんこくん
正直なレビューをお願いします

DMMブックスの良い点

DMMブックスの本棚はカンタンに設定できる

本だな 作成

DMMブックスのHOME画面から右にフリックすると本棚作成画面に移ります。
何個でもつくれますし、本棚名は自由につけられます。簡単にすぐにつくれます。
作品ごとにつくってもいいですし、好きなジャンルに分けて本棚をつくってもいいですね。

DMMブックスの本棚にはロックをかけられる

本棚ごとにロックをかけることができます。この機能はDMMならではの機能といえますね。
本棚の編集ボタンからロックをかけます。「鍵付き本棚」という名称になります。
暗証番号4ケタを設定することで鍵付き本棚を設定画面の表示から隠すことができます。

DMMブックスは複数の機種で同期できる

お使いのメインのスマホ以外の機種にもDMMブックスをダウンロードして同期することができます。アプリをダウンロードした機種からDMMアカウントにアクセスして同期します。

例えば私はメインのスマホ以外にAmazonFireHD10を持っています。このAmazonFireHDにDMMブックスをダウンロードしてDMMアカウントを介して同期をすることができるようになっています。

スマホで読んでいた部分から引き継いで他の機種で続きを読むことなどもできるわけですね。

DMMブックスで購入済の作品はスッキリ見やすくわかりやすい

電子書籍で何冊も購入していると何を買ったか買っていないのかよくわからなくなるときがありますよね。DMMブックスでは作品ごとに購入した作品、未購入の作品と一目でわかるように表示されます。

これが結構ありがたい機能で、買うつもりだったけど買い忘れていた作品などはすぐ認識できます。(もちろん他のサイトで買っているなどはわかりません)

先日実際にあった話ですが、新刊が発売されていたけど気づかずに買っていなかったというときもこの機能で気づくことがありました。

DMM電子書籍 未購入からかい上手の(元)高木さん1巻のみ購入している

例として上の画像をあげました。見ての通り購入しているのは1巻のみです。未購入のその他の巻はサムネイルが薄く表示されています

アプリでは購入済の本をクリックすると上の画像のように購入した作品のシリーズ全体の表示がされます。

購入した本が何巻まで発売されていて、どの巻を購入しているのかが一目で分かりますので便利な機能です。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
この辺りがいい点だな

DMMブックスの悪い点

DMMブックスのHOME画面では4冊までしか表示がない

DMMブックス HOMEDMMブックスのHOME画面

DMMブックスを立ち上げるとHOME画面が表示されます。
HOME画面は最近読んだ本と(未読の本があれば)未読の本が表示されます。
この最近読んだ本は4つまでしか表示されません。一覧でざっと本を確認したいのですが4つまでしか表示がないのが不満点です。

購入した本の一覧を確認したいときはHOMEから左にフリックして購入済の本を見る必要があります

購入済の本は購入日順/作品名順/作家名順/カテゴリ順/任意順で並び変えることができます。

DMMブックスでは次の巻にすぐに飛べない

最後まで読み終わったときに次の巻を購入していれば、そのまま次の巻に移動して読むことができます。ただ途中で次の巻にいきたくなったときに、すぐに次の巻に移動することができません

本編は終わったけどあとがきが長くて、飛ばしてすぐ次に行きたいときありますよね?

方法としてはシークバーを最後まで動かして次の巻に移るか、目次から奥付に移動して次の巻に行くかでしょう。そこまで面倒ではありませんが途中でサクッと次の巻に移動できればいいのですが・・・。

DMMブックスからストアに直接飛ぶことができない

DMMブックスからDMM電子書籍サイトに直接アクセスすることができません。

DMMブックスで続きの本が欲しくなったとしてもアプリ上からは購入することができません。一旦アプリは離れて、DMM電子書籍サイトにアクセスして買い物する必要があります。ちょっと面倒ですよね・・・。個人的にはこの点が最も不満な点です。

これについてはDMMブックスの上位互換版であるDMMブックス+では改良されています。

DMMブックス+ではアプリ上からDMM電子書籍サイトに移動することができるようになっていますので、この点が気になる方はDMMブックス+をインストールしましょう。

ただしAndroidの方に限ります

DMMブックス+DMMブックス+ではアプリからストアに移動することができる
にゃんこくん
にゃんこくん
良くない点はだいたいわかった

DMMブックスの総合評価

電子書籍アプリとして全く問題なし

細かい不満点はあるものの実際に読むうえではあまり気にならないレベル。

マンガでも活字でも問題ないですが、あえて言うとマンガの方がより読みやすいと感じます。

DMM電子書籍の強みはお得に電子書籍を買い集めることができる点なので、ガンガン電子書籍を集めてアプリでサクサク読んでいきましょう。

DMMブックスの上位互換であるDMMブックス+はAndroid使いの人はつかうことができるので、さらに評価は上になるでしょう。

物知りにゃんこ
物知りにゃんこ
DMM電子書籍のアプリは使い心地いいっと

まとめ

DMM電子書籍専用アプリであるDMMブックスのレビューを良い点・悪い点含めてレビューしました。

公式サイトにすぐアクセスする >>250,000冊以上の取り揃え!【DMM.com 電子書籍】

\初回利用なら半額クーポンがつかえる/
【DMM.com 電子書籍】

絶対オススメの電子書籍サイト
電子書籍買ってみようかなーどうしよう
電子書籍は絶対オススメだよ。今ならセール中だし、すぐに始めよう!!

電子書籍があればスマホ一つでどこでも気軽に本を読むことができます。
電子書籍は安く買うことができる機会が多いのでとてもお得に集めることもできます。

特にマンガやラノベ好きの方に向けてオススメの電子書籍サイト3つを徹底比較しました。現在実施中のセールがあるので今すぐに始めてみましょう!!

\今すぐに読んでみる/

おすすめの電子書籍サイト3選はこちら